読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京デビューしたい大学生の宿泊活動

“たいていの人が考えているよりも、上手に書くことはずっと重要だと思う”byポールグレアム 

トランプ氏とクリントン氏、アメリカ大統領選を制するのはどちらか? RのフロントエンドExploratoryを使ってTwitterデータを分析してみた。

Exploratoryのすごいところは、Rを使って、とても簡単に、様々なデータ・ソースからデータをインポートすることができることです。Twitterもその1つです。技術的には、Jeff Gentryさんが開発したtwitteRというパッケージを使っています。

そういえば、日本では今年の参院選から選挙権年齢が18歳に引き下げられましたね。舛添さんも退任することになり、東京都知事を決める選挙が行われることになりましたね。

ぼくが、留学しているアメリカ大統領選の話についてはご存知でしょうか? 

ぼくは、在日韓国人なので、日本も故郷である大阪の選挙権も持ってないこともあり、日本にいた頃は、政治の話を友達としたことなど皆無に等しかったです。しかし、アメリカ人の友達やシリコンバレーのエンジニアは、政治の話が大好きです。留学当初は、政治の話になると、途端に会話のレベルやスピードがアップしてついていけなくてコンプレックスを感じていたものでした。

アメリカは民主党・共和党の二大政党制ですが、それぞれの主張や支持者層は多岐にわたります。すべての争点において「この候補者・この党の考え方に賛成する」ということは不可能ですし、よく耳にする「民主党=庶民層、共和党=富裕層」といった分類もナイーブすぎます。

アメリカでは4年に一度の大統領選挙が行われています。アメリカの大統領は国家元首であり、行政の最高責任者であり、連邦軍の総指揮官でもあります。日本の天皇と総理大臣を合わせたような存在に近いかもしれません。大統領は議会をしのぐ力を持っているわけではありませんが、大統領が変わるとアメリカが進む方向が変わるのも事実です。

大統領選は間接選挙の形を取っていますが、事実上、国民が直接選ぶ仕組みです。今年の11月に投票が行われますが、現在は二大政党の民主党と共和党が予備選挙を行っていて、それぞれの党の候補者は7月までに決まります。

さて、誰が今回の大統領選を戦っているかご存知ですか?

トランプ氏、クリントン氏です。

トランプ氏、クリントン氏の最近10日間のツイートデータを使って、両者について分析してみたいと思います。

 

 

 

qiita.com